読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

woshidan's blog

そんなことよりコードにダイブ。

さくらVPSのサーバ設定作業まとめました。(CentOS+Apache+Passenger+MySQL+Rails4+capistrano3)

書いても書いても終わらないから、もう終わらないかと若干思いましたが、無事終わりました。

とりあえず、勉強してみようという意図もあって、さくらVPSを借りて
Railsが動く環境を設定してみた作業の記録をまとめました。

完結に手順をまとめた良記事は既にたくさんあったので、
自分はどう書いたらいいのか(結局自分が書きたいようにしか書かない気がしつつ)考えた結果、
自分がつまづいたところなどを落とさないように、もう二度と同じ作業でぐぐらなくていいように、
ということでくどくど丁寧に書いたことと、
初心者かつアホの子なのでインストールコマンドが並んでいる記事を読んだときに、

え、で、いまこのソフトウェアをインストールして何やりたいんだっけ、
という気持ちになったため、
足りなかったり、間違っている部分があるかもしれないけれど、
可能な限り、1つ1つの作業がどういう意味を持つのか分かるように作業の固まりに章つけて書こう、
ということを意識しながら書きました。そうすると、後からつっこみやすいですし。

書いても書いても終わらず、文字数を数えてみたら短編小説を優に超えていたので、そうか、これはまとめ記事ではなく小説なのだt(ry

調べ直したりして、記事をあげてから修正がはいったり、まだはいりそうだったりしますが。
直した方がいいところを見つけた暇な人は教えてください。

 

サーバはさくらのVPSで、

CentOS(OS): 6.6

rbenv: 0.4.0

ruby: 2.1.0

rails(サーバサイドアプリケーション): 4.1.0

MySQL(DBMS): 5.6.22

apache(アプリケーションサーバ,Webサーバソフトウェア): 2.2.15

Passenger(Railsの起動): 4.0.53

capistrano(デプロイ自動化):3.1.0

という構成でした。

いちおう、ソースコード管理はgitで、bitbucketにあげて管理してました。

 

関連記事一覧(作業順)


VPSを借りてCentOSのセットアップをする(1) - woshidan's blog


VPSを借りてCentOSのセットアップをする(2) - woshidan's blog


CentOSにMySQLをインストール - woshidan's blog


CentOSにApacheをインストール - woshidan's blog


CentOSにRuby関係のソフトウェアをインストール - woshidan's blog


PhusionPassengerモジュールをインストール - woshidan's blog


Apache+PhusionPassengerで動かす4.0系のRails(データベースはMySQL)をcapistrano3でデプロイ - woshidan's blog

 

おまけ

用語、むずかしい。


Webアプリケーションを動かすサーバの三層のソフトウェアについてメモ - woshidan's blog

 

事故でした。urlはどこから来るの?みたいな話をやりかけてぐだりました。


Apacheが動いているのにWEBrickも動かしちゃった時のassetsの話1 - woshidan's blog


Apacheが動いているのにWEBrickも動かしちゃった時のassetsの話2 - woshidan's blog

 

エラーメッセージと戦った記録


Apache+PhusionPassengerで動かす4.0系のRails(データベースはMySQL)をcapistrano3でデプロイしたときのNG集 - woshidan's blog