読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

woshidan's blog

そんなことよりコードにダイブ。

SketchのPageを使ってみる

Sketch

ちょっと画像を使ってメモしていたら長くなったので、4つに分割してお送りします。

  • Sketchの表示モード
  • Sketchで画面に挿入できる要素について
  • カスタムアートボードを作る
  • Pageを使ってみる

今日はPageの使い方について。

Pagesについて

SketchではPageというものを使って、作業単位を分けつつ、それらの画面を切り替えて確認する、といったことができます。

Pagesを追加したいときは図の矢印の部分を押します。 なお、Page 1の横のvからは既にあるPageの切り替えが可能です。

f:id:woshidan:20160521005534j:plain

例によって「+」があるので押します。

f:id:woshidan:20160521005540j:plain

Page名の入力欄とともに新しいPageができます。

f:id:woshidan:20160521005550j:plain

この新しいPageには、アートボード含め、他のページの要素は含まれていません。

f:id:woshidan:20160521005624j:plain

アートボードなどを揃えてちょっと、位置変えしてみたPageを用意したので切り替えてみると下記のような具合です。

f:id:woshidan:20160521005646g:plain

これだと、何を遊んでいるのか、という印象でありますが、実際は、複数の画面を遷移するようなデザインを考えていくとき、前の画面とのつながりを確認しながらやりたいときには、ファイル別に管理しているよりも便利なのかな、と思います。