woshidan's blog

そんなことよりコードにダイブ。

build.gradleでminifyEnabledをtrueにしてもActivityはminifyされない

まとめ

  • Activityはgradleの設定でminifyをかけてもminifyされない
  • minifyされているかの確認をしたかったらJavaだけのクラスを仕込んで見るのがお手軽

検証1

gradleminifyの設定をした時、うまくいっていたらActivityのクラス名がaなどになっているだろうと下記のようなコード(検証用コード1)を書いてリリースビルドしたapkをインストールしたところ、ログには

01-19 22:43:13.181 9091-9091/? D/MainActivity: com.example.woshidan.minifytest.MainActivity

とminifyされていないクラス名が表示されていました。

検証用コード1

apply plugin: 'com.android.application'

android {
    compileSdkVersion 25
    buildToolsVersion "25.0.2"
    defaultConfig {
        applicationId "com.example.woshidan.minifytest"
        minSdkVersion 16
        targetSdkVersion 25
        versionCode 1
        versionName "1.0"
        testInstrumentationRunner "android.support.test.runner.AndroidJUnitRunner"
    }
    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled true
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.pro'
        }
    }
}
// proguard-rules.pro
// minifyされてるの見るテストなのでコメントのみ
package com.example.woshidan.minifytest;
import android.os.Bundle;
import android.support.design.widget.FloatingActionButton;
import android.support.design.widget.Snackbar;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.support.v7.widget.Toolbar;
import android.util.Log;
import android.view.View;
import android.view.Menu;
import android.view.MenuItem;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {
    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
        Toolbar toolbar = (Toolbar) findViewById(R.id.toolbar);
        setSupportActionBar(toolbar);

        FloatingActionButton fab = (FloatingActionButton) findViewById(R.id.fab);
        fab.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View view) {
                Log.d("MainActivity", MainActivity.class.getName());
            }
        });
    }

検証2

先輩に相談したら、「Activityminifyできないとか?」という話の流れになって、「Lanucherに指定されているActivityでは?」「とりあえずAndroidフレームワークと関係ないJavaのクラスを入れてみては」という話になったので、次は下記のようなコード(検証用コード2)を書いてみたら、ログでminifyが確認できたのはJavaのクラスだけだったのでActivityminifyできないようでした。

01-19 22:57:26.532 19165-19165/? D/MainActivity: com.example.woshidan.minifytest.MainActivity
01-19 22:57:26.766 19165-19165/? D/SubActivity: com.example.woshidan.minifytest.SubActivity
01-19 22:57:26.768 19165-19165/? D/MinifyTester: com.example.woshidan.minifytest.a

検証用コード2

build.gradleproguard-rules.proは検証用コード1と同じ。

package com.example.woshidan.minifytest;
import android.os.Bundle;
import android.support.design.widget.FloatingActionButton;
import android.support.design.widget.Snackbar;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.support.v7.widget.Toolbar;
import android.util.Log;
import android.view.View;
import android.view.Menu;
import android.view.MenuItem;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {
    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
        Toolbar toolbar = (Toolbar) findViewById(R.id.toolbar);
        setSupportActionBar(toolbar);

        FloatingActionButton fab = (FloatingActionButton) findViewById(R.id.fab);
        fab.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View view) {
                Log.d("MainActivity", MainActivity.class.getName());
                Intent intent = new Intent();
                intent.setClass(MainActivity.this, SubActivity.class);
                startActivity(intent);
            }
        });
    }
package com.example.woshidan.minifytest;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
public class SubActivity extends AppCompatActivity {
    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_sub);
        Log.d("SubActivity", SubActivity.class.getName());
        MinifyTester.testClassName();
    }
}
package com.example.woshidan.minifytest;

class MinifyTester {
    static void testClassName() {
        Log.d("MinifyTester", MinifyTester.class.getName());
    }
}

おなじくAndroidのシステムから呼ばれるコンポーネントServiceBroadcastReceiverも似たようなことがありそうな気がしますが、調べる機会があったら追記します。

Objective-Cのクラス変数について

C言語Objective-Cでstatic修飾子をつけて変数を宣言したときの挙動

Javaを書いてからObjective-Cのコードを見ると驚くのですが、Objective-Cの元となっているC言語、およびObjective-Cでは関数やメソッド*1の中で有効であり、特にそう書いてない場合は初期化され直さずに存在し続けます。

// test.c
int countUp(void) {
  static int count;
  count++:
}

int main(void) {
  countUp();
  countUp();
  countUp();
}
// countUpが呼び出されるたびにcountの値が増えていく。

こうして定義された関数/メソッド内のローカル変数は、プログラムの実行開始から終了まで存在し続ける変数となります。Javaのクラス変数がクラスの初呼び出し時に定義されることと比べると不思議な感じがしますね。

Objective-Cのクラス変数をどう表現するか

ところで、Objective-Cには、クラスオブジェクトに付随する変数、いわゆるクラス変数を表現するための構文上の仕組みがありません。

さて、先ほど関数/メソッド内のstatic 修飾子をつけて宣言した変数の話をしましたが、関数/メソッド外で宣言した場合はどうなるのでしょうか。

C言語では、関数、および関数の外部で定義された変数は、自動的にプログラム全体で共有されコード上のどこからでも参照できるようになります。これにstatic指定子をつけると、自身が定義されたソースファイル上とヘッダファイルで存在を教えたソースファイル上に参照範囲を限定できます。

Objective-Cでも同様の振る舞いをするため、関数/メソッドの外部で定義された static 修飾子をつけて宣言した変数をクラス変数の代わりとして利用します。

static 修飾子をつけてメソッド外部で宣言した変数は、そのままだとJavaでいうprivate修飾子をつけて宣言したクラス変数と似たような働きをし、そのクラスのクラスメソッドとインスタンスメソッドから参照できるようになります。

ただし、この方法で定義されたクラス変数は、サブクラスに継承されません。このため、サブクラスでクラス変数を扱いたい場合は、スーパークラスでアクセサメソッドを定義して、それを継承させるようにします。

参考

C言語のstatic指定子について

Objective-C Mac OS Xプログラミング

Objective-C Mac OS Xプログラミング

苦しんで覚えるC言語

苦しんで覚えるC言語

*1:Objective-Cでは、関数の記法、呼び出し方によって、C言語の関数とObjective-Cオブジェクトのメソッドに分けられ、C言語のようにfuncName(arg1, arg2)で呼び出すものを関数、[Obj funcName:arg1 WithArg:arg2]で呼び出すものをメソッドと言います。ランタイムでコードブロックの管理するときの扱いも若干異なるみたいです

プログラマが知るべき97のことを読みました

今月全然ブログ書いてなかったので書きます。

最近はObjectiveCやC言語の勉強をやっていてそちらを書けばいいじゃない、という気がしたのですが、 少し疲れてしまった。だいたい最初に詳解ObjectiveCから読んだせい(自業自得)。

その後少しずつObjectiveCプログラミングを読んでいるのですが、既視感と逆だヨォォォという気持ちでいっぱいです。 春まではObjectiveC, SwiftとiOSの勉強してるんじゃないかな...。

さて、きのこ本を読み終わったので印象に残った章をメモしておきます。来年とかに振り返って変わっていたら楽しいので。

誰にとっての利便性か

最近、プロジェクト外の人が使うコードを書くということを意識していて、機能追加の時、つい一つのメソッドで色々できるようにしないか考えそうになりますが、呼び出し側にとっては読みにくくなっていないか、ということをいつも頭に置いておきたいな、と思いました。

言語だけでなく文化も学ぶ & プログラミング言語は複数習得すべき

ObjectiveCやC言語といったいままで使っていたJavaRubyとは異なる毛色の言語を学んで色々思うところがあったので。 現状は、ObjectiveCかわいいよ、ObjectiveC(ぐったり)という気持ちなのですが、また来年書きます。

「魔法」に頼りすぎてはいけない

チームの雰囲気や文化が良いとかそういうのも魔法なんですよね、誰かがちょっと声をかけたりとか、そういうので成り立っていて、それはほんの少しの気遣いによるもので、ただではない、みたいな、そんな気持ち。

プロセス間通信とアプリケーションの応答時間の関係 & 並行処理に有効なメッセージパッシング

とりあえず並列処理をプロセスで書くというErlangを触ってみたいなぁ、という気持ち。

ポリモーフィズムの利用機会を見逃さない & リンカは魔法のプログラムではない

本体の文章もそうだけど、用語の説明がとてもわかりやすくてありがたかった。 こういう説明をできるようになりたいですね。

育ちの良いコード

このコードはいいのか悪いのか、がよくわからない時、他のコードをいじる必要があるかをパッチの単位から確認するやり方はいいな、と思いました。

JavaScriptでファイルのバイナリを送信するときと文字列のパラメータのみを送信するときに利用するリクエストボディの構成が全然違う

WebWorkerからサーバーへ通信を行いたくて、SafariだとWebWorkerではまだFormDataが使えない*1ので手動であれこれ頑張って調べていて*2面白かったことがあったので、メモ。

調査していた趣旨としては、FileAPIのFileReaderAPIのreadAsBinaryString()*3やreadAsArrayBuffer()でファイルの内容を読み込んだものをRailsのサーバへPOSTする、そのときよきにファイルとして扱ってもらう*4ためにうまいことリクエストパラメータを組み立てる、という話だったのですが、リクエストボディの文字列の構成からがらっと変える必要があったようです。

参考

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/Guide/HTML/Forms/Sending_forms_through_JavaScript#Building_an_XMLHttpRequest_manually

http://api.rubyonrails.org/classes/ActionDispatch/Request.html

普通の文字列を送信するフォームの場合のリクエストボディ

<form method="post" action="/texts/upload">
  <input type="text" name="string_param" value="文字だよ" />
  <input type="hidden" name="authenticity_token" id="authenticity_token" value="<%= form_authenticity_token %>"/>
  <input type='submit' value='送信' />
</form>

上記のようなフォームの送信ボタンからサーバーへリクエストを送った場合、ActionDispatch::Request#raw_postメソッドで取得できるリクエストボディは下記のようにURIエンコードされたキーと値の組を&でつないだものとなります。

string_param=%E6%96%87%E5%AD%97%E3%81%A0%E3%82%88&authenticity_token=ymyqd1fC0%2FbOWLdEO546DPd%2BOUm9ljC1Qu0rYvErwBVtRJjUG4O%2BRsH7%2FZemkU8yIR3s7MLuujtiAex89NqkUA%3D%3D

ファイルなどのバイナリを送信するフォームの場合のリクエストボディ

var formData = new FormData();
formData.append("string_params", "文字だよ"); // バイナリデータ以外のパラメータがある場合の実験用
formData.append("file", file); // fileはFileクラスのインスタンス
$.ajax(
    {
    url: "/files/upload",
    type: 'POST',
    contentType: false,
    processData: false,
    headers: {
        'X-CSRF-Token' : $('#authenticity_token').val()
        },
    data: formData,
    dataType: 'json',
    success: function(response) {
        console.log(response);
    },
    error: function(error) {
      console.log(error);
    }
});

上のように、適当にフォームからFileインスタンスを取得してFormDataを利用してPOSTした場合のリクエストボディは下のようになります。

# パラメータごとに
# ------boundary(WebKitFormBoundar乱数文字列)------\r\n
# Content-Disposition: form-data; name="パラメータ名"\r\n\r\n
# 値(バイナリ?)\r\n------
# という構成になっている
------WebKitFormBoundarypUNpzkXNsa1wjYql\r\nContent-Disposition: form-data; name=\"string_params\"\r\n\r\n\xE6\x96\x87\xE5\xAD\x97\xE3\x81\xA0\xE3\x82\x88\r\n------WebKitFormBoundarypUNpzkXNsa1wjYql\r\nContent-Disposition: form-data; name=\"file\"; filename=\"UPLOAD_TEST.JPG\"\r\nContent-Type: image/jpeg\r\n\r\n\xFF\xD8\xFF\xE1\x00TExif\x00\x00MM\x00*\x00\x00\x00\b\x00\x03\x012\x00\x02\x00\x00\x00\x14\x00\x00\x002\x87i\x00\x04\x00\x00\x00\x01\x00\x00\x00F\x01\x12\x00\x03\x00\x00\x00\x01\x00\x01\x00...
(中略)
...xD1\x7F\x90\xA2\x85{\x14\x7F\xFF\xD9\r\n------WebKitFormBoundarypUNpzkXNsa1wjYql--\r\n

全然違いますね。文章力がなくてあれなんですけど、これ気づいたときすごい面白くてはしゃいで走り回りそうでした。

普段はFormDataオブジェクトを使うか、Androidやってるときもライブラリを使うので意識したことがなかったので、なるほどーという感じでした。

仕事の進め方としては、途中でしばらくhexdumpでバイナリの最初の方を読んでたけど、どう考えても一気に下のレイヤーまで遡り過ぎであり、先にHTTPのリクエストボディを読んだ方が筋が良かったので反省...。

*1:https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/FormData

*2:結局締め切り直前でアップロードキューに当たる変数へのアクセスを排他制御したかっただけなので、当分ほぼ1ファイル100行くらいで完結するスクリプトだったこともあり、キューいじる部分はUIスレッドでいいやん、と方針切り替えて一時間くらいで書いてた...

*3:これから廃止されていくので新規実装で使ってはダメ

*4:request.paramsしたらパラメータの値が、ActionDispatch::Http::UploadedFileインスタンスになってる、みたいな感じ

irbの実行結果の出力が非常に長い場合、途中からカットしたい

最近しばしば行う作業のログが、おそらく人間の目には確認できないほど長く、また件数的におそらくログから確認を行うことはしない*1ということもあり、じゃあ使わないログはある程度短くしたいですね、ということで調べました。

具体的には、属性がたくさんあるクラスについてのログで、最初の方のフィールドしか確認する必要がない場合、後半は出さなくてもいいのでは...というケースを対象としています。

# この例だとuser_idあたりまでがあれば業務上十分
irb(main):045:0> Memo.new
=> #<Memo:0x007fcf43045500 @id=123456, @user_id=12, @category_id=3456, @sub_category_id=nil, @reminded_at=2016-10-22 10:00:00 +0900, @created_at=2016-10-21 10:00:00 +0900, @updated_at=2016-10-21 10:00:00 +0900>

動作確認用の雑なクラス定義はこちらのgistにあります。

irbの実行結果の出力形式を変更する

IRB::Inspector.def_inspectorメソッドで、irbの実行結果の出力形式を独自に設定することができます。具体的には、引数に設定の名前としてのkeyとブロックを与えることで、ブロックの返り値を出力として利用できます。

なお、このメソッドは .irbrcというファイルに記述します。

# ~/.irbrc
# たとえば出力を2回表示するように設定してみます
IRB::Inspector.def_inspector([:test]){|v| v.to_s * 2 }

.irbrcに書いた上記の設定を適用するには、起動時に--inspectオプションで指定するかirb起動後にIRB.conf[:INSPECT_MODE]変数から設定します。

$ irb --inspect test
irb(main):001:0> abc = "def"
=> defdef

この要領で、出力結果の表示を50文字までにするような設定を書いてみます。

IRB::Inspector.def_inspector([:test2]){|v| v.to_s.slice(0..50) }
$ irb --inspect test2
# (クラス定義中...)
irb(main):015:0> Memo.new
=> id: 123456 user_id: 12 category_id: 3456 sub_catego

これでいいかなと一瞬思ったのですが、この方法の場合、出力に使う返り値のクラスが適切にto_sメソッドを実装している前提なので、いちいち各クラスのto_sメソッドを確認したり定義したりする必要があって大変そうです。

また、ppメソッドなどの出力結果を利用することも考えたのですが、ppメソッドの戻り値は、出力対象のクラスなので思っていたより簡単にはいきません。

irb(main):015:0> require 'pp'
=> true
irb(main):017:0> res = Memo.new
=> #<Memo:0x007fefe5068ad8 @id=123456, @user_id=12, @category_id=3456, @sub_category_id=nil, @reminded_at=2016-10-22 10:00:00 +0900, @created_at=2016-10-21 10:00:00 +0900, @updated_at=2016-10-21 10:00:00 +0900>
irb(main):018:0> res
=> #<Memo:0x007fefe5068ad8 @id=123456, @user_id=12, @category_id=3456, @sub_category_id=nil, @reminded_at=2016-10-22 10:00:00 +0900, @created_at=2016-10-21 10:00:00 +0900, @updated_at=2016-10-21 10:00:00 +0900>
irb(main):019:0> res.class
=> Memo

また、IRB::Inspector.def_inspectorメソッドで紹介したirbの出力方式は当然独自方式だけではなく、yaml, ppなどいくつかのオプションがあり、そちらを使っている場合も多い中、出力方式そのものを変えることができない場合もあるでしょう。

では、最終的に出力が渡ってきた後で、その文字列を切り取る方法がないかな、と思って、irbのプロンプトそのもののカスタマイズについて調べました。

irbプロンプトのカスタマイズ

irbプロンプトの設定をする際も、.irbrcに記述します。

記述項目は、IRB.conf[:PROMPT]で、下記のような形式となっています。

IRB.conf[:PROMPT][:SAMPLE] = {
  :PROMPT_I => "%N(%m):%03n:%i> ",  # 通常時のプロンプト
  :PROMPT_N => "%N(%m):%03n:%i> ",  # 継続行のプロンプト
  :PROMPT_S => "%N(%m):%03n:%i%l ", # 文字列などの継続行のプロンプト
  :PROMPT_C => "%N(%m):%03n:%i* ",  # 式が継続している時のプロンプト
  :RETURN => "==> s\n"   # メソッドから戻る時のプロンプト
}

%sとあって、あ、これCのprintfっぽいな、と思って http://d.hatena.ne.jp/iww/20090701/printf などを参考に、英数字40文字あたりで切れてください、というつもりで書いた設定は下記となります。

IRB.conf[:PROMPT][:MY_PROMPT] = {
  :PROMPT_I => "%N(%m):%03n:%i> ",  # 通常時のプロンプト
  :PROMPT_N => "%N(%m):%03n:%i> ",  # 継続行のプロンプト
  :PROMPT_S => "%N(%m):%03n:%i%l ", # 文字列などの継続行のプロンプト
  :PROMPT_C => "%N(%m):%03n:%i* ",  # 式が継続している時のプロンプト
  :RETURN => "==> %.80s\n"   # メソッドから戻る時のプロンプト
}

上記の設定を適用するには起動時に--promptオプションで指定します。

irb --prompt my-prompt
# (クラス定義中...)
irb(main):015:0> Memo.new
==> #<Memo:0x007f99b2010920 @id=123456, @user_id=12, @category_id=3456, @sub_categor

ためしに、出力形式をyml形式に変えても途中で出力をカットするように動いているか見てみます。

irb(main):017:0> conf.inspect_mode = :yaml
==> --- :yaml
...

irb(main):018:0> Memo.new
==> --- !ruby/object:Memo
id: 123456
user_id: 12
category_id: 3456
sub_category_id:

よさそうですね。

仕事で導入するのはやや怖いところもありますが、興味が出たので調べてみた結果はこんな感じです。

現場からは以上です。

参考

*1:ログは長いけれど、作業時間は短いのでやり直したほうが正確っぽい

OmniAuth(omniauth-twitter)での認証が401 Authorization Required invalid_credentialsで失敗する

OmniAuth系のライブラリでTwitterFacebookなどのサービスと連携しようとしたところ、401 Authorization Required invalid_credentialsでひたすら失敗してつらかったです。

特にTwitterAPIには、401でないエラーを401で返すという話もあり*1、結局関連するソフトウェアや設定を一つずつ検討することになりました。。

これを忘れて繰り返すと非常に辛いので、この場で一つずつ簡潔にまとめておきます。

https://github.com/omniauth/omniauth/wiki/FAQ#how-to-fix-oauthunauthorized-error-for-twitter-provider

検討事項

  • OAuthっぽいこと
    • アカウント情報
    • Twitterアプリの作り直し
    • ブラウザの時刻
  • memcached関連
    • memcachedサーバとの接続
    • provider_ignores_stateでsessionの値を確認を回避
    • memcachedのstats
  • omniauthの設定
    • OmniAuth.config.full_host

OAuthっぽいこと

アカウント情報

Twitterアプリなどで、OAuth用のアプリケーションの権限、利用ドメインなどの設定があればその登録、リダイレクトURI、アプリケーションのIDとシークレットなどの確認をします。

Twitterアプリの作り直し

参考: http://qiita.com/hirokishirai/items/5a43977a38ecd922bfb9

どうしてもうまくいかないときはTwitterアプリケーションを作り直すとうまくいくことがあるそうです。

ここではTwitterアプリの作り直しを試したりしました。

連携先のサービスによってはOAuth用アプリケーションごとに一人のユーザーを異なるアカウントIDで管理していたりするので、新しく連携させるわけでないときは注意しましょう*2

ブラウザの時刻

Twitterでは、0.1秒でもブラウザの時刻がずれていると認証に失敗してしまいます(アプリをエミュなどでテストをする際は割と辛い...)。

こちらのページなどでご利用のパソコンでの時刻にずれがないか確認できます http://www.nict.go.jp/JST/JST5.html

memcached関連

401のエラーを吐いている箇所のコードはこちらのようになっています。

!options.provider_ignores_state && (request.params["state"].to_s.empty? || request.params["state"] != session.delete("omniauth.state"))

の部分を参考にGoogleしたら、sessionの値がTwitterなどからPOSTされるまで、保持されてないのかもしれない、ということになりました。

自分の環境の場合は、sessionの保存にmemcachedを利用していたので、memcachedの確認をしていました。

memcachedサーバとの接続

とりあえず、pingした。

provider_ignores_stateでsessionの値を確認を回避

を参考に request.params["state"] != session.delete("omniauth.state") の判定をそもそも呼ばないようにしてみました。

memcachedのstats

sessionに利用してるmemcachedの利用出来るバイト数などは問題ないか、何かデータがうまく取れてないかなということで、memcachedstatsを確認してみました。

あんまりよくわかっていないので、get_misses, bytes, limit_maxbytes, accepting_conns, threadsなどを見てみたのですが、それらしい違いはなかったです。

omniauthの設定

config/initializers/omniauth.rbなどのinitializersのファイル中の設定を確認しました。

具体的には、

Rails.application.config.middleware.use OmniAuth::Builder do
  provider :twitter, Rails.secrets.oauth.twitter["app_id"], Rails.secrets.oauth.twitter["app_secret"]
  provider :facebook, Rails.secrets.oauth.facebook["app_id"], Rails.secrets.oauth.facebook["app_secret"]
en

など(自分で書いておいて、おそらくdotenv、利用して環境変数で渡した方がセキュアでしょう)で書いてあると思うのですが、これが動作環境で所望の値が得られているか、railsコンソールで叩いて確認したりしていました。

結局は、OmniAuth.config.full_hostに設定するホストのスキーマhttpsにしなければいけないところがhttp になっているという話でした。

長々書きましたが、いままでの全部関係なかったのでつらいですね。

SSLに対応している部分と対応してない部分、対応している部分ではhttpsにリダイレクトするような設定なのですっかり頭から抜けていたのですが、リダイレクト先に設定したスキーマに合わせましょう。

デバッグ途中で開発環境で動かしてみたら401にならなかったので、localhostとリモートで何の設定が違うんだ、と眺めていたら発見しました。

memcachedの使い方について簡単にメモします

動作環境は、Max OS X EI Captain 10.11.4, memcached 1.4.24 です。

memcachedのインストール

# http://qiita.com/makotok7/items/9998b15f79fc7a53af24
brew install memcached

localhostの11211ポートでmemcachedサーバを起動

$ memcached -p 11211 -d

詳しいオプションについては

telnetmemcachedサーバに接続

localhostの11211ポートでmemcachedサーバが動作しているとします。

$ telnet localhost 11211
Trying ::1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.

memcachedサーバにデータを入れる

参考: https://www.tutorialspoint.com/memcached/memcached_set_data.htm http://l-w-i.net/t/memcached/command_001.txt

set [KVSのキー] [非圧縮/圧縮などのフラグ] [データの有効期限(秒). 0の場合は永続的に保存] [保存するデータのバイト数](return/enter)
[KVSの値](return/enter)

123という3バイトの文字列をfooというキーに非圧縮で900秒保存させる
set foo 0 900 3(return/enter)
123(return/enter)
STORED

memcachedサーバにデータの取得と更新

参考: http://l-w-i.net/t/memcached/command_001.txt

get foo
VALUE foo 0(非圧縮) 3(データ長:3バイト)
123
END
gets foo   
VALUE foo 0(非圧縮) 3(データ長:3バイト) 2(cas ID)
123
END

getsで追加で表示されている最後の数字は、cas IDといい、replaceコマンドでmemcached上の同じキーに対する値を書き換えるたびに変化します。

replace foo 0 900 3
345
STORED
gets foo 
VALUE foo 0 3 3
345
END

ユーザーAがmemcachedからデータを取得して処理したあとに保存しようとしたら、すでに他のユーザーBによって変更が加えられており、素直にユーザーAの計算結果を保存したらBの変更の履歴が消えてしまって困る、という場合があります。

それを避けるため、casコマンドを使って、データを取得した時のcas IDをパラメータに与えて、「あの時からお変わりなかったら、変更したいんですけどー」という感じで変更コマンドを打ちます。

(ユーザーA)
gets foo
=> VALUE foo 0 3 7
=> 123
=> END

(ユーザーB)
replace foo 0 0 3
abc
=> STORED ← 他のユーザーによりデータは更新されてcas IDは変化

(ユーザーA)
cas foo 0 0 3 7
zzz
=> EXISTS 既に他のユーザがデータを書き換えたのでzzzは書き込めない

memcahcedサーバに入っているデータの状態について調べる

参考: http://taka512.hatenablog.com/entry/20100324/1269428213

stats
STAT pid 8365 
STAT uptime 2670 起動時間
STAT time 1476973152
STAT version 1.4.24
STAT libevent 2.0.22-stable
STAT pointer_size 64 OSが32bit又は64bit 
STAT rusage_user 0.037374 プロセスがユーザモードで動作した累計時間?(秒.マイクロ秒)
STAT rusage_system 0.061396 プロセスがカーネルモードで動作した累計時間?(秒.マイクロ秒)
STAT curr_connections 10 現在のデータ数
STAT total_connections 11
STAT connection_structures 11 memcacheが確保したコネクション構造体数
STAT reserved_fds 20
STAT cmd_get 6 GETコマンド発行の累計
STAT cmd_set 7 SETコマンド発行の累計
STAT cmd_flush 0
STAT cmd_touch 0
STAT get_hits 5 リクエストでキーが見つかった数
STAT get_misses 1 リクエストでキーが見つからなかった数
STAT delete_misses 0
STAT delete_hits 0
STAT incr_misses 0
STAT incr_hits 0
STAT decr_misses 0
STAT decr_hits 0
STAT cas_misses 0
STAT cas_hits 0
STAT cas_badval 1
STAT touch_hits 0
STAT touch_misses 0
STAT auth_cmds 0
STAT auth_errors 0
STAT bytes_read 284 ネットワークから受信したバイト数
STAT bytes_written 292 ネットワークへ送信したバイト数
STAT limit_maxbytes 67108864 memcacheの最大容量(バイト)
STAT accepting_conns 1
STAT listen_disabled_num 0
STAT threads 4
STAT conn_yields 0
STAT hash_power_level 16
STAT hash_bytes 524288
STAT hash_is_expanding 0
STAT malloc_fails 0
STAT bytes 71
STAT curr_items 1
STAT total_items 3
STAT expired_unfetched 1
STAT evicted_unfetched 0
STAT evictions 0
STAT reclaimed 1
STAT crawler_reclaimed 0
STAT crawler_items_checked 0
STAT lrutail_reflocked 0
END