woshidan's blog

そんなことよりコードにダイブ。

Appleの証明書関連を調べるときに公式ドキュメントの「証明書」ページを読んでおくととても捗る

Appleの証明書関連を検索するとき、かなり検索しにくく感じるときがありますが、

証明書 - サポート - Apple Developer

のページに目を通しておくと公式ドキュメントのググラビリティが非常に上がります。というか、先に読んでおくもののはずなんですが、ググり方がわからなかったので、メモ。

また、上記ページの各種証明書がApple Developer AccountのどのフォームからDLされるものか、について追加でまとめます。

Apple Worldwide Developer Relations Certification中間証明書

f:id:woshidan:20180525214850p:plain

ここのフォームからDLするだけだと拡張子が .cer なだけでどの種類の証明書かわかりにくいんですが、このファイルをDLした.cerを開いたとき、キーチェーンに追加されるのが

f:id:woshidan:20180525215129p:plain

となっています。

Apple Push Notification Service証明書

俗称・Push通知用の証明書、 .p12 に書き出すやつ

f:id:woshidan:20180525215457p:plain

Identifiers > App IDs > 特定のApp ID をクリックして下の方のEditボタンを押して出て来る

f:id:woshidan:20180525215612p:plain

のフォームで作成・再作成・DLするもの。

iOS配布用証明書(App Store)/ iOS配布用証明書(社内用アプリケーション)

英語版のページと

Certificates - Support - Apple Developer

Provisioning Profile の作成フォームを見比べて

f:id:woshidan:20180525220027p:plain

Provisioning Profile のこと。

みなさまにおかれましては、独自の証明書を使った認証の 利用者が不慣れな*1仕組みを実装、ならびにそのドキュメントを作成するときは拡張子(とサンプルファイル名)も書いていただけると非常に話がスムーズなので何卒よろしくお願いします。

現場からは以上です。

*1:調べてたら一般的な仕組みとわかってきた(また今度まとめよう...)ので訂正